この記事の所要時間: 243

屋根以外の太陽光発電設置

屋根以外の太陽光発電設置について記載しています。

太陽光発電は、ある程度のスペースと日当たりが確保出来れば場所を問わず行えます。
これは敷地内であれば、自由に太陽光発電を行えるという意味でもありますが、これを上手く利用すると発電量を増やす事も可能です。

屋根以外の太陽光発電

太陽光発電と言えば屋根を利用するのが最も多いのですが、日当たりがあれば屋根以外にも太陽光発電モジュールを設置出来ます。
場所は住宅の壁や庭先でも良いのですが、壁に設置すると家の景観を損ねてしまうので、通常は壁に設置する事はあまりありません。

庭先に設置する場合は、設置台を置く必要があるので庭の景観を損ねてしまう他、太陽光発電モジュールは意外と大きいので庭の利用の邪魔になる事もあります。
選択肢としては悪く無いのですが、実際にやろうと思うと敷地面積という障害に悩まされる事も多いものです。

しかし、敷地面積を消費しない屋根以外の場所は意外に多くあるもので、それを有効利用すると発電量を増やす事が出来ます。

屋根以外に太陽光発電モジュールをおける場所

屋根以外で太陽光発電モジュールを設置する場所で現実的なのは、カーポートと物置の屋根、玄関ポーチの屋根などがあります。
基本的に地面ではない場所で、屋根でもない場所が選択肢になりますが、方角によっては発電に向くほどの日光が当たらないことがあるので、場所の選択は慎重にならなければなりません。

玄関ポーチに設置する場合は一方向が必ず壁面になるので、玄関の方向が大きく影響するため、設置に向かない場合も多くあります。
また、ポーチ部分の大きさも必要になるので、太陽光発電モジュールを設置出来ない事の方が多く、注文住宅などの新築から計画しておいた方が設置出来る可能性は高くなります。

後付でも設置しやすいのが物置やカーポートで、どちらも住宅とは繋がっていない事が多く、ある程度の高さがあるので太陽光発電モジュールを設置しても邪魔になりにくいという利点があります。

物置もカーポートも太陽光発電モジュールの重さに耐えられるものである必要がありますが、どちらも太陽光発電モジュールに耐えられるものがあるので、新たに設置する場合や交換する事で対応出来ます。

また、カーポートの場合は太陽光発電モジュール込みの製品も販売されているので、選択しやすいという特徴があります。
ただし、太陽光発電モジュール付きのカーポートは設置費用が少々高額で、300万円から400万円ほどかかります。

通常の太陽光発電システムよりも高い価格ですが、屋根に太陽光発電モジュールを設置出来ない場合の代替方法になる事もあるので、予算次第では選択肢になります。
すでに設置した太陽光発電の発電量に上乗せする事も出来るので、発電量を増やしたい場合にも有効な手段です。

費用が高いので設置するかの判断は慎重になる必要はありますが、設置費用は売電と月々の電気料金低下で確保が可能となっています。
設置した際に得られる利益は見積もりの時にある程度業者側から提示されるので、一括見積もりなどで複数の業者に提案してもらい業者間の違いを比べてみてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印