この記事の所要時間: 241

追尾型の太陽光発電

追尾型の太陽光発電について記載しています。

太陽光発電は日々研究が重ねられ、発電出来る量もだんだんと増えています。
しかし、結局は太陽の光をどれだけ効率よく受けられるかが発電量を大きく左右する事には変わりません。
どんなに変換効率の良い太陽電池が出来ても、太陽の光をしっかりと受けられなければあまり意味がないものです。

太陽の光をしっかりと受けるには、太陽光発電を設置する場所の環境に左右されます。
ある程度の高さと周辺の遮蔽物の数、山などの自然や設置する場所と太陽との方向の関係など、色々な環境的要素が発電量に影響します。

これらを解決するためには、太陽光発電に動いてもらうというのも1つの方法です。

追尾型の太陽光発電

通常であれば太陽光発電は最も光を受けやすい場所に設置されます。
主に屋根や架台の上に設置される事になりますが、その多くは固定されているので動かす事は出来ませんが、モーターを取り付けて動かせるようにしている太陽光発電も存在します。

太陽光発電自体を動かせる発電システムは追尾型と言われるもので、太陽に合わせて太陽電池も動かすという特殊なものです。

太陽は地球の自転や公転により時間や季節によって地球から見える場所や太陽と地球の距離に変化が起きます。
地球から見ればそれは太陽の高さとなって見えるのですが、この変化で太陽光の当たり方に変化が起きてしまうので、太陽光発電にとっては変換効率の変動を引き起こす原因になります。

追尾型の太陽光発電は太陽電池を搭載しているモジュールを動かす事で、最適な方角や角度を維持して季節や時間といった環境の要因を受けにくくすると言ったメリットがあります。
その他、常に最適な太陽の光を受けられるようにしているので、固定式の太陽光発電よりも高い変換効率が実現しやすくなっています。

理屈はとても簡単で、人工衛星が太陽電池を太陽の方向に向けて発電量を確保しようとするのと同じ考えです。

可動式の太陽電池を販売している業者が少なく、家電量販店などでもあまり宣伝されないため知名度が低いのですが、最高の発電環境を創りあげたいのなら選択肢の1つになります。

利点はあるが導入しにくい

追尾型の太陽光発電は安定して高い発電量を固定式の太陽光発電よりも得られやすいという大きな利点があります。
しかし、販売している業者が限られている事から選択しにくく、また施工費用も高めになってしまうという欠点があります。

さらに、太陽光発電モジュールに加えて可動部の重量も加わるため、屋根に使われている建材や建物の状態によっては設置出来ない事もあるため、効果はあるものの導入が難しいのが実情です。

追尾型の太陽光発電を導入するメリットがあり、さらに導入に必要な条件を全て揃えられるのであれば選択肢の1つになりますが、そうでなければ無理に設置をする意味はあまりありません。

興味があるのなら、太陽光発電の一括見積もりを利用して幾つかの業者からの見積もりを取り、追尾型の太陽光発電を設置出来るかどうか、設置した時の発電量などを調べもらい検討してみてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印