この記事の所要時間: 230

太陽光発電の一括見積もり

太陽光発電の導入には、100万円から400万円ほどの費用が必要になります。

性能の高いものや設置場所に難がある場合はさらに費用がかさむ事もあり、決してやすい費用とは言えません。
売電による回収が出来るとは言っても、一時的にでも数百万円の出費が必要になるのは事実です。

この出費を出来るだけ抑えるには、太陽光発電を取り扱う業者から見積もりを取り、それを比べて安い業者を選択する事が一番効率的で効果的な方法です。
無料で使える太陽光発電の一括見積もりを利用すれば簡単に出来るので、この方法は誰にでも利用出来ると言う利点もあります。

一括見積もりは、それ自体が利用するだけで太陽光発電の導入費用を安く出来るものですが、もっと上手く利用する事でさらに太陽光発電の導入費用を安く出来る場合があります。

一括見積もりで安くなる理由

太陽光発電を導入する場合、それを取り扱う業者に任せる事になります。
まず最初に行われるのは見積もりで、太陽光発電を設置出来るのか、設置した時に十分な発電量を確保出来るのか、どのタイプの太陽光発電モジュールを選択すれば効率的な発電が出来るのかなどと共に、導入にかかる費用を見積書という形で提示してきます。

これはどんな太陽光発電を取り扱う業者でも行うもので、見積もり自体は無料で行われます。
つまり、業者からすれば見積もりは利益となる契約に結びつけるための重要な要素です。
あまり高い費用を提示する見積もりは、契約が取れない事に繋がるので、業者側もギリギリのラインを攻めて来る事になりますが、当然利益が確保出来る金額は維持しています。

とは言え、太陽光発電の設置をする契約が取れなければ業者がお金になりません。
これを利用して競わせる事で、さらに安い導入費用を求める事が望めます。

まずはセオリー通り複数業者で見積り

最初は一括見積もりで複数業者から見積もりを取ります。
出来るだけ多い業者から見積もりを取った方が、この次の工程が進めやすくなります。
しかしん、あまり多いと手間が掛かるので3社から5社ほどを目安にします。

各業者の見積もりが出たら、一番安い見積もりを出した業者をとりあえずキープしておきます。
ここまでは、一括見積もりの使い方としては普通のものです。

2回目の見積もりを試みる

一回目の見積もりで出た最安値の価格を一括見積もりの連絡欄などに記入して、2回目の一括見積もりを試みます。
すると業者には希望する太陽光発電システムの導入費用の最低値が知らされる事になり、その最低値以下でも請け負ってくれる業者が名乗りを上げる事になります。

もし名乗りを上げる業者がいなくても、一括見積もりで出された導入費用は最低値である事は変わらないので、一切損をする事がありません。
使い方としては少々面倒ですが、手間をかける分だけより安い価格での太陽光発電システムの導入がしやすくなります。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印