この記事の所要時間: 245

独立型太陽光発電

独立型太陽光発電について記載していきます。

通常の太陽光発電は、屋根や設置出来る他の場所に配置した太陽電池の集めて作られた発電モジュールを屋根などに設置して、発電で得られた電気は生活用の電力として使用され、余った電気が電力会社に売却されます。
しかし、電力会社への売電をしない「独立型」と言われる太陽光発電も存在します。

昔は当たり前だった独立型

現在では太陽光発電で得られた電力を電力会社に回取らせる制度が作られていますが、そんな制度が出来る前にも家庭用の太陽光発電というものは存在していました。

今に比べると発電量も多少劣ってしまうのですが、その当時の太陽光発電はあくまで自分の家で使う電気を太陽の力で作るというものだったので、電気を売るという事はほぼありませんでした。
そのため、作られた電気は蓄電池に貯めておくなどの方法が取られていたのですが、現在では蓄電池に貯めなくてもそのまま売れるので投資としての意味合いも強くなってきました。

そんな現状の太陽光発電ですが、「独立型」と言われる家庭用の太陽光発電は現在でも導入が出来ます。

独立型の太陽光発電

独立型の太陽光発電は、現在では発電量が1kw未満の小規模なものがほとんどです。
これは設置する場所が屋根ではなく、ベランダや壁面などを利用するものが多い事もあります。

独立型太陽光発電に使われる太陽光発電モジュールは現在の太陽光発電に使われるタイプよりも小型で、発電量も小さいため1kwの発電量を確保しにくくなっています。
また、バッテリーのような蓄電装置も用意する必要があるために、ある程度の専門知識や配線などが出来る技術も必要です。

発電量は多くて400W程度ですが、設置する太陽光発電モジュールによって異なります。
ほとんどの場合複数の太陽光発電モジュールをベランダなどに設置する事になりますが、取り付けは簡単なので誰にでも出来ます。

独立型は使えるのか

独立型の太陽光発電は、現段階では趣味の範囲内と言えるものです。
実用性はありますが、電気代を抑える効果はあまりなく当然ながら売電が出来るほどの発電量も賄えないので、ちょっとした家庭で使う電気を作り出す程度のものです。

独立型の太陽光発電の使い道と費用

独立型の太陽光発電の使い道は、ノートパソコンやテレビの電力、証明の電力程度なら十分賄えます。

設置費用は10万円から20万円ほどで、維持費が年間に5,000円から1万円程度かかります。
維持費はほぼバッテリーの交換費用なので、安い車用のバッテリーなどを代用するという方法で抑える事は出来ます。

危険性

電気を作るので、独立型のような小規模な発電装置でも感電や火災の発生という危険性があります。

使い道が限られているので、趣味やなんらかの理由がない限りは導入する意味はほとんどありません。
特に通常の太陽光発電を導入したのであれば全く意味のないものなので、触れる事はまずないものです。

太陽光発電は小規模でも出来るという良いお手本ではありますが、好んで設置する価値はありません。
太陽光発電の導入を検討するのなら、通常のものを検討してみてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印