この記事の所要時間: 231

中古パネルの太陽光発電

中古パネルの太陽光発電について記載しています。

太陽光発電パネルにも中古品が存在します。
色々な理由で売却された太陽光発電システムの一部で、中古品の太陽光発電は発電モジュールだけではなく、パワーコンディショナーや発電モニターなどもあり、全てを中古品で揃える事も出来ます。

中古品と聞くと新品より劣るイメージがありますが、実際のところ新品よりも発電効率は落ちます。
理由は中古品はある程度使用されているために経年劣化を避けられないためです。

しかし、全く使えないかと言えばそんな事もなく、壊れていない限りはしっかりと発電をしてくれます。

中古パネルの太陽光発電は安全か

結論から言えば、「中古の太陽光発電システムを販売した業者による」としか言えません。

太陽光発電の中古品は、「買い取られた時の状態で中古品として売られるもの」と、「リユース品として買い取られた時にメンテナンスを行い機能の回復や稼働出来る状態であることの確認、修復が行われているもの」の2種類あります。

中古品を購入する場合は「買い取られた時の状態で中古品として売られるもの」を選択する必要があります。
リサイクルショップで普通に売られている事もありますが、しっかりとしたメンテナンスをしていないものを購入するのはリスクが高いものです。

品質のよい中古品もある

中古品だとしても、適切な修復を行っているものは十分な発電能力を持っています。
どれだけの期間使われていたかにもよりますが、10年使用された中古の太陽光発電パネルの場合、最大発電量の約8割を維持出来ている事が多いので、中古品だとしても十分な発電量を確保出来ます。

ただし、選んではいけいものも

中古の太陽光発電も管理が行き届いていれば十分使えますが、負荷のかかる機器は中古を避けた方が安全です。
特に電力の変換を行うパワーコンディショナーは太陽光発電システムの中でも負荷のかかる機器なので、中古品は大きく消耗している可能性があります。

パワーコンディショナーの性能はそのまま売電価格へ影響する他、壊れると太陽光発電システムが動かなくなります。
基本的に中古で購入しても使える事が多いのは太陽光発電モジュールだけなので、他の機器は中古を選択しない方が安全です。

中古を選ぶ時の注意

中古の太陽光発電システムを導入する場合、導入費用が結果的に新品を導入する事と変わらないと言った事が起きる場合があります。
中古=安いというイメージがありますが、取り付け工事で相場以上の設置費用を求められたりする事もあるので、中古を選択する場合は、新品の設置でいくらかかるのかを知っておかないと危険です。

新品の設置価格を知るなら、一括見積もりを利用すると早く終わります。
複数の業者へ同時に見積を依頼出来るので、各業者の出した見積額が中古を選択した時に近いようなら、新品を選択する事をオススメします。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印