この記事の所要時間: 256

長州産業の口コミと評判

長州産業の評価について

長州産業の口コミを評判についてを調べました。

普段の生活ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、長州産業は精密機器メーカーとしては知名度の高い企業です。
主に電子機器や有機ELを製造しているメーカーですが、太陽光発電も手がけています。

太陽光発電の事業者としては中規模クラスのメーカーですが、太陽電池の性能は大手電機メーカーの製品と比べても遜色なく、施工に関しての保証なども細かく設定されています。

自社生産品以外にも三洋電機などの製品も取り扱っているので、製品の選択が幅広いメーカーです。

メリット

長州産業製の太陽光発電システムの最大の特徴は、軽量であることです。
他のメーカーが販売している太陽光発電モジュールと比べると軽量化が進んでいるので、太陽光発電モジュール1枚あたりの重さが10%単位で減らされています。
太陽光発電モジュールは業界全体的に軽量化が進んでいますが、長州産業の製品はその中でも高い水準で軽さを実現しています。

太陽光発電モジュールの重量はそのまま屋根への負荷となるので、軽ければ軽いほど建物への負担が減らせる他、地震などが起きても屋根にかかる重量が小さいので、建物への揺れの影響も受けにくくなっています。

肝心の発電量も大手メーカーの太陽光発電とさほど変わりがありません。
大手メーカーの販売している最上位モデルには多少劣ってしまいますが、価格と発電効率のバランスが良いので、選択した業者次第では費用を抑えた太陽光発電の導入がしやすくなります。

保証内容が他のメーカーよりも幅広く、施工後の雨漏りなどが起きても保証してくれます。
太陽光発電の設置は基本的に屋根に穴を開ける事になるので、この保証は大きな利点です。

太陽光発電の製造メーカーとしてはまだ新参ですが、製品の質と価格帯のバランスが良好なので、良い発電性能と安い価格を求める人には向いているメーカーです。

デメリット

気にする人は気にするデメリットの1つが、まだ太陽光発電の製造を始めてから日が浅いという事です。
日が浅いと言っても2016年時点で9年が経っているので、決して遅いというわけではないのですが、大手メーカーの場合は30年以上も前から研究や製造をしていた所もあるので、それに比べるとまだ若い製造メーカーと言えます。

ただ、まだ日が浅いからと言って性能が悪いかと言えばそうではなく、売電ができる十分な発電量が確保でき、価格帯も太陽光発電の中では低めの製品が多いので、日が浅いことに直接的な欠点はありません。

ただし、古くから研究を積み重ねてきたメーカーとの差はあるようで、大手メーカーの製品よりも太陽電池のサイズが少々大きくなっています。
これは設置場所によっては欠点となりうるもので、太陽電池のサイズが大きいとそれだけ太陽光発電モジュールのサイズも大きくなるので、設置場所によってはスペースを最大限に活かせない可能性はあります。

発電量自体は太陽電池1つ当たりの発電量が大きいので、多少スペースの無駄が出来たとしても大きな影響はありません。
安さと性能を求めるのなら、長州産業の太陽光発電は十分選択肢の1つになります。

会社概要

会社名:長州産業株式会社
所在地:山口県山陽小野田市新山野井3740
設立:1980年(昭和55年)10月
代表者:岡本 晋
ホームページ:長州産業の公式サイトはコチラ

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印