この記事の所要時間: 253

太陽光発電の蓄電池

太陽光発電の蓄電池について記載しているページです。

太陽光発電は電気を作る事は出来ますが、作った電気を貯めておく事は出来ません。
発電した電気を貯めておくには、専用の貯蔵機器を別に設置する必要があります。

電気を貯めておく蓄電池

太陽光発電で発電された電気は、パワーコンディショナーで変換されてそのまま家庭の電力として消費されますが、発電された全ての電力を一般的な家庭で使い切る事は難しいので、余った分は電力会社に流して買い取ってもらいます。

太陽光発電は上記のようなサイクルで動いているので、基本的には電気を貯める必要がありません。
夜間は電力会社から電気の供給を受けるので、困る事は一切ありません。
しかし、発電する電力に多くの余裕がある場合や電気代0円を目指す場合は、蓄電池を設置して電力の自給自足をするという選択も出来ます。

ここで問題になるのが、蓄電池の価格です。

蓄電池はとても高い

太陽光発電用の蓄電池の価格は、安いもので60万円、高いものは100万円を超えてしまいます。
家庭用であれば60万円から70万円の価格帯である蓄電性能が1.6kwのもので十分です。
この価格帯の性能の蓄電池は一般家庭で使う電気の12時間分程度の電力を貯める事が出来るので、普通の家庭ならこれ以上の性能がある蓄電池は必要としません。

いくら蓄電池の中でも安い価格帯のもので良いとは言っても、太陽光発電システムの一式が上位機種で200万円前後、下位機種で130万円前後で導入出来る事を考えると、費用的には高いと言って良いものです。

60万円、あるいはそれ以上の費用を掛けてまで蓄電池が必要かどうか、必要な理由があるのかが蓄電池導入の目安になります。

蓄電池があった方が良い時

蓄電池があると、停電の影響を受けにくくなるので、台風などの災害時でも蓄電がされていれば電気を使う事が出来ます。
突発的な停電でも困る事がないので、夜中に電化製品を使う事が多い家庭、例えばパソコンでの作業を多く行う人などは、蓄電池があると停電が起きても電源が落ちないので、データが消える危険が少なくなります。

夜間にもある程度電力を使うのであれば、蓄電池は電気料金を下げる効果を期待出来ます。
もし蓄電が全て消費されたとしても、不足分は電力会社から供給されるので電気が使えなくなる事もありません。

売電での利益で導入費用を回収

60万円から70万円程度の蓄電池であれば、太陽光発電の導入費用と合わせて売電の利益で回収する事も可能です。
発電量が多ければ70万円以上の蓄電池でも費用の回収は十分出来るので、電気料金をさらに下げられる事を考えれば、設置も視野に入れて良いかもしれません。

魅力を感じれば導入を検討しても良い

蓄電池を設置する事で得られる利点に魅力を感じるのであれば、導入を検討してみるのも良いかもしれません。
ただし、初期投資費用が増えてしまうので予算と相談して判断してください。

結局、蓄電池はあったほうが良い?

「無くても良い」が、「あっても損はあまりしない」というのが答えです。
予算に余裕がある、電気料金0を目指したいと言った目的がない限りは、無理に準備する必要はありませんが、導入を検討する時は業者間で価格差が出るので、一括見積もりなどで複数業者から見積を取ってみてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印