この記事の所要時間: 228

太陽光発電の設置方法

太陽光発電モジュールには、使用している太陽電池の半導体によって種類がありますが、この他にも設置方法によって2つの種類があります。
どちらを選択するかは、予算や設置する場所によって決まります。

太陽光発電モジュールの設置方法

太陽光発電モジュールには設置方法が2つあり、据え置き型と一体型に分かれています。

据え置き型

据え置き型は一般的な設置方法で、屋根などに架台を設置してそこに太陽光発電モジュールを置く方法です。
据え置きは架台の固定方法として屋根に穴を開けるタイプと開けないタイプがあり、太陽光発電モジュールを設置する場所や屋根の種類によって選択します。

屋根に穴を開けるタイプの方が一般的な設置方法ですが、穴を開けない設置方法は通常なら、太陽光発電モジュールを設置出来ない屋根にも設置が可能な場合があります。

設置費用は屋根に穴を開けて架台を設置する方法の方が安く、穴を開けずに太陽光発電モジュールを設置する方法の方が施工費用が高めです。
また、穴を開けない方法は行える施工業者が限られているので、施工業者探しにも時間を掛ける必要があります。

利点は架台を置くことで太陽光発電モジュールの下が空くため、太陽光発電モジュールの熱が逃げやすく、熱による変換効率の低下を防ぎやすいという点です。
熱で変換効率が落ちやすい結晶シリコン型の太陽光発電モジュールには最適な方法である他、発電モジュールの取り外しが出来るのでモジュール交換が簡単、不要な発電モジュールは外して売却も出来ます。

基本的に据え置き型を選択肢しておけば困る事はありませんが、定期的に点検をしないと固定のために開けた穴から、雨漏りを起こす事もあります。

一体型

一体型は太陽光発電モジュールと屋根材が一体になっているものです。

特徴は家のデザインの一部となるために、住宅の外観を損ないにくいということ、最初から太陽光発電モジュールが屋根とくっついているので、発電に使うスペースが無駄にならない事が挙げられます。

屋根に穴を開けないので将来的に雨漏りの原因になる事はなく、太陽電池を住宅の1部として溶けこませられるのでデザイン製の高い家や新築住宅にとっては良い選択になりえます。

欠点は太陽電池の故障を起こしやすいこと、屋根材が劣化した場合全部交換しないといけないこと、固定資産税が課税されること、太陽光発電モジュールが高温になりやす事などです。
また、何らかのメンテナンスが必要になった場合、必要なメンテナンスが出来ない事があります。

あまり利点がないように見えますが、その分住宅の外観を損ないにくいので住宅の見栄えを優先したい人向けです。

据え置き型、一体型どちらも一長一短あるので、どちらが良いとは明確に言えないのですが、据え置き型で太陽光発電モジュールが設置出来ない時は一体型を選択する事になります。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印