この記事の所要時間: 241

太陽光発電のメンテナンスの必要性

太陽光発電のメンテナンスの必要性について記載しているページです。

太陽光発電は、販売店や施工業者に依頼して設置します。

太陽光発電を設置すれば業者との関係は一旦終わる事になりますが、完全に縁がなくなるわけではありません。
太陽光発電が寿命を迎えるまで、彼らとの付き合いは続いていくことになります。

業者との付き合いが続いていく理由

基本的に太陽光発電システムはメンテナンスが不要とされていますが、経年劣化の影響は必ず出てくるので、長く安定した発電を求めるのならメンテナンスは定期的に行わなければなりません。
メンテナンスは基本的には販売店や施工業者を利用する事になるので、太陽光発電導入後も業者との付き合いは残る事になります。

太陽光発電の事故防止

太陽光発電システムの状態が良ければ、メンテナンスをしなくても寿命を迎えるまで発電する事は出来ます。
しかし、太陽光発電で作られる電力は発電としての規模は小さくても、漏電や機器の不良を起こせば火災などの人命に関わる事故を起こします。
太陽光モジュールを設置している設置台も風雨に晒されると傷んでしまい、サビなどが進行すると太陽光モジュールが支えられず落ちてくる危険もあります。
このような事故を防ぐという意味で、メンテナンスは必須です。

メンテナンスを行う事で、問題のある部分の修繕や交換して安全に太陽光発電の稼働が続けられます。

発電効率の維持

太陽光発電は経年による劣化を起こします。
劣化の原因は発電した電気の流れによるもの、空気や空気中に含まれる細かい粒子などの影響、雨風の影響や日光の影響などが挙げられます。

太陽光発電システム全体に劣化は起こり、太陽電池やケーブル類、パワーコンディショナーなどの重要部分も劣化が起こってきます。
劣化は進んでいくとやがて発電効率に影響してしまい、太陽光発電で得られる発電量も小さくなっていきます。

太陽光発電において発電量は一番重要な部分なので、メンテナンスをして問題がある部分が見つかれば修理や交換をする必要があります。

主に上記2つの目的で太陽光発電のメンテナンスは必要です。
メンテナンスは基本的に販売店や施工業者に任せる事が多いので、太陽光発電の導入が終わっても販売店や施工業者との関係は続いていく事になります。

一番壊れやすいのはパワーコンディショナー

太陽光発電システムの中でも一番故障率が高いとされているのが、電気の変換を行うパワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーは小さな変電所のようなもので、発電よりも高い負荷が常時かかっているので、他よりも壊れやすい機器です。
パワーコンディショナーの不具合は売電に関わる事なので、パワーコンディショナーの不具合が起きると売電による利益は多くく低下します。

太陽光発電システムの不具合は発電量や売電量に影響するので、何か起こればほとんどの場合で数字として現れます。
症状が出てからでも不具合のある部分を修理すると元に戻りますが、出来る限り不具合が表面化して影響が出る前に防いだ方が、売電の利益も得られやすくなります。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印