この記事の所要時間: 247

リクシルの口コミと評判

リクシルの評価について

リクシルの口コミを評判についてを調べました。

リクシルは住宅設備メーカーと住宅メーカーの2つの顔を持つ有名な企業です。
一般的には馴染みのない企業ではありますが、キッチンや浴室などの水回り、内装の他に住宅の建設も行っています。

住宅設備として太陽光発電システムを販売している国内メーカーで、施工面で良好な評価を受けています。

リクシルの太陽光発電

リクシルでの太陽光発電の導入は、最初から最後まで專門の担当者が付いてきます。
そのため作業工程のズレや連絡ミスによるトラブルなどが起きにくく、何か問題が起きても專門担当者が動いてくれるので解決までの時間が短めです。

また、担当者の監督によって施工などのミスもチェックされるため、施工ミスが起こりにくいのが特徴です。

使用している太陽光発電パネルは中国製

リクシル自体は日本の企業ですが、太陽光発電については中国のサンテック社製太陽光発電モジュールを使用しています。
中国製の太陽電池以外は日本製ですが、発電パネルはサンテック製なので完全に中国などの海外系企業を避けたい時には使えません。
日本のメーカーだと思って選択してしまうと中国製の太陽光発電モジュールを利用する事になるので、国産に拘るのなら避ける事になります。

費用が割高

太陽光発電パネルは安価なサンテック製を使っていますが、リクシル自体が施工するわけではなく、代理店や下請け業者が入るので中間マージンが発生し、その分太陽光発電の導入費用が高めになる事があります。

担当者が付くのは良いのですが、国内メーカーの強みらしい部分があまり見当たらないので、リクシルを選択するのなら他のメーカーを選択するのも良いかもしれません。

サポートは良好

專門の担当者が付く事で、サポート面はかなり良好です。
対応も代理店ではなくリクシル自身が行うので、トラブルなどが起きても解決しやすくなっています。
專門の担当者が施工が終わるまで付くメーカーは少なく、リクシルの最大の利点ともえいます。
ただし、サポートはリクシルが行うのですが、連絡は代理店などを通じて行われるので、対応までに時間が掛かる可能性もあります。

デメリット

リクシルの欠点は、あえて拘りがないのであれば、特に利用する必要がない事です。
国産メーカーではありますが、販売している太陽光発電モジュールは中国サンテック製であること、下請け業者が入ることで導入費用が高めになることから、安い太陽光発電の導入を目指す場合には向いていません。
また、保証期間が10年しかなく火災や地震、津波などの保証がないので保証面でも他のメーカーに劣る部分があります。

サポート面では強みを持っているリクシルですが、それ以外の部分では利用する意味があまり感じられない場合も多くあります。
リクシルの太陽光発電を取り扱っている業者でも評価は分かれるようですが、太陽光発電の性能は高いので売電による利益は十分に期待出来ます。

会社概要

会社名:株式会社LIXIL
所在地:東京都江東区大島二丁目1番1号
設立:2001年10月1日
代表者:瀬戸 欣哉
ホームページ:リクシルの公式サイトはコチラ

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印