この記事の所要時間: 249

太陽光発電の故障と修理

太陽光発電の故障と修理にかかる費用について記載しているページです。

太陽光発電は機械の集まりなので、故障というリスクが必ず付きまといます。

現在の太陽光発電は基本的にメンテナンスが要らないとされていますが、実際の所は故障する事もあるため、メンテナンスだけではなく修理が必要になる場合もあります。

太陽光発電が故障した場合、どうすれば良いのか、そして修理に掛かる費用はどの位なのかは知識として知っておくと、万が一故障が起きた時に費用を用意しやすくなります。

太陽光発電システムの故障リスク

太陽光発電システムが寿命とされている20年の間に故障する確率は、30%程という調査があります。
製品によって耐用年数である寿命は変わりますが、太陽光発電が経年によりその機能を失うまでに3割の確率でどこか故障するかもしれないと考えると、決して低い確率ではありません。

つまり、自分の所だけは大丈夫という考えを持っていると、ある日突然発電が出来なくなるという自体に陥る事になります。
そうなった場合、売電が出来ないばかりか電気代もかかる事になるだけではなく、家に発電ができない太陽光発電モジュールという重い荷物を背負わせているだけになってしまいます。

故障が起きた時にかかる費用

太陽光発電システムに故障が起きた時は、修理というよりは故障した部分の交換になります。
どこを交換するかによって費用は変わります。

メーター

スマートメーターとも言われるもので、売電用の電力メーターです。
このメーターがないと、電力会社にどれだけの電気を売ったのかが分からなくなるので、故障した場合はすぐに交換する事になります。

スマートメーターは電力自由化に合わせて順次既存のメーターとの交換が行われており、その費用は電力会社が基本的に負担します。
そのため、太陽光発電システムのオーナーが費用を負担することはありませんが、条件によっては費用負担をしないといけない場合もあります。
費用を負担する場合は、約1万円程度かかります。

接続ケーブル類

ケーブル類の交換は2万円から4万円程度必要です。
交換する場所などによって費用が変わるのですが、ケーブル類は他の故障した部分の交換と同時に行われる事もあるので、修理費用の上乗せになる場合もあります。

パワーコンディショナー

太陽光発電システムの中で最も故障が多いとされるもので、発電した電力を変換して使えるようにしたり、電力を売電にまわしている機器なので故障をすると発電自体が出来なくなります。
パワーコンディショナーの交換は10万円前後必要ですが、性能によっては10万円かかる事もあります。

その他、蓄電池は太陽光発電モジュールは新品との交換になると販売価格と同じ費用が必要です。
太陽光発電モジュールは壊れにくいので、あまり交換をするような事はありませんが、蓄電池は使用状態によっては蓄電性能が落ちて使えなくなる場合もあるので、交換する必要が出る可能性があります。

太陽光発電に異状が出た場合は、すぐに販売店か施工業者に連絡をして対処しなければなりません。
放置すると事故の原因になる事や、発電が出来ず売電利益を得られない事があるので、故障かなと思ったらすぐに業者に連絡をしてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印