この記事の所要時間: 239

太陽光発電の自給自足

太陽光発電を利用して、電力会社からの電力供給を一切受ける事なく電力を自給自足する事は可能です。
しかし、それは「できる」という意味でしかありません。

太陽光発電は技術の進歩によりその発電量も高くなってきてきた今、太陽光で作った電気だけで生活をする事は、確かに選択肢の1つとして十分考えられるものです。
しかし、それを実現させようと思うとなかなか難しい課題にぶつかる事になります。

これらの課題をどう解決するのか?

それを解決しない限りは、電気の自給自足で100%まかなう事は残念ながら難しいのが現状です。

自給自足で生活出来るのか

太陽光発電で完全な電気の自給自足は、現在の太陽光発電システムの能力で可能です。
一般的な太陽光発電の発電量は多い場合で約4Kwほどなので、最大発電量を維持出来るのなら太陽光発電で作られた電気だけで生活していく事は可能です。

しかし、太陽が早く沈んでしまう秋から冬、雨の日が多く続く梅雨の時期には一気に発電量が減ってしまうために、十分な電気を確保するためには、太陽光発電モジュールの性能と設置する場所の広さが必要になります。
少なくとも家庭レベルの太陽光発電ではなく、商業用の太陽光発電が必要になるので、住宅の規模やそこで生活する人の生活環境によっては建物の屋根以外で、太陽光モジュールを設置出来る場所を確保する必要があります。

また、発電された電気は直流電流であるために、交流電流への変換が必ず必要になるので、変換器であるパワーコンディショナーが必要です。
パワーコンディショナー自体は太陽光発電システムとセットになっている事が多いのですが、変換効率の良いパワーコンディショナーを用意しないと変換時の電力ロスが多くなり、十分な電力を確保出来なくなります。

また、太陽光発電で作られた電気はそのままだと貯めておく事が出来ないので蓄電設備も必要です。

蓄電設備は太陽光発電で作られた電気を保管しておく大きな充電池のようなもので、悪天候時や夜間はこの蓄電設備に貯めておいた電力を使用します。
蓄電設備には機種によって蓄電出来る容量があるのですが、100%の電力自給自足を目指す場合は出来るだけ大きな蓄電能力のある蓄電池があった方が発電量が少ない場合でも数日は電気が使えます。

準備さえできれば100%自給自足も可能

電力を太陽光発電のみで全て賄おうとする場合は、下準備をしっかり行わないと後で困る事になりかねません。
出来るか出来ないかを問えば、「出来る」という事になりますが、太陽光発電の性能や設置場所、電力が不足した場合の対処法なども計画にして置かなければトラブルが起きた時に対処出来なくなります。

実際は困る事はない

通常は電力会社と通電契約をする事になるので、太陽光発電で電気が得られない時でも問題はありません。
現実的に100%の太陽光発電頼みは「電気が使えなくなる」リスクもあるので、あまりオススメ出来るプランではありません。
100%の電力自給自足を計画するのは良いのですが、計画が頓挫した時の事も考えておいてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印