この記事の所要時間: 240

太陽光発電の保証

太陽光発電の保証について記載しているページです。

太陽光発電に使われる太陽電池、あるいは太陽電池の集まりである太陽光発電モジュールには、メーカーが設定した保証期間があります。
保証期間内であれば通常の稼働で発生した故障などに無料で対応してくれるので、保証期間の長さは太陽光発電の選択において考慮すべきものです。

保証の期間

国内の有名メーカーの場合、保証期間は10年が基本です。
太陽光発電システムの寿命が約20年と言われているので、寿命の半分をメーカーが保証している形です。

シャープやパナソニック、東芝などの高性能太陽光発電を販売しているメーカーのほとんどが10年保証なので、この期間が太陽光発電における保証期間の基本値のようなものになっているのですが、追加で保証期間を伸ばす事も可能となっています。

保証期間の延長は対応していないメーカーもありますが、対応している場合は有料で保証年数を延長出来ます。
延長出来る年数もメーカーによって違いますが、5年から10年の延長が出来るので、最大で15年から20年まで保証が受けられるようになります。

10年延長が出来る場合は、太陽光発電の寿命と言われる20年を全てカバー出来るので、故障などが起きても修理費用がかからないか、最低限の出費で済ませる事が出来ます。
保証の延長は太陽光発電システムの購入時に選択する事になるので、購入前に保証の延長をするかどうかを決めておいた方が購入をスムーズに進められます。

保証内容はよく確認を

メーカー保証にはどういった場合に保証するのかを定めている場合があります。
多くは特に定めていないのですが、中には明確に条件を示している事もあり、中にはまず保証を受けられないだろうという難しい条件を指定している場合もあります。
保証に対する条件が厳しいと保証延長の意味は薄くなるので、この場合は保険会社の損害保険などを選択した方が実用的です。

保証の条件に掲げられているのは、雨漏りや自然災害での破損がメインになっています。

最近の製品は25年保証もある

太陽光発電の耐用年数が長くなってきている事もあり、最近の保証年数は25年のものが増えてきました。
また、希望すれば無料で10年の保証延長が出来るメーカーも出てきています。

保証は製品である太陽光発電を安心して使うためのものでもあるので、長い期間の保証があるのならその分太陽光発電の故障というリスクを減らす事になります。

保証延長にかかる費用

保証延長にかかる費用は、メーカーにもよりますが購入した太陽光発電モジュール、あるいは太陽光発電システム全体の購入費用の3%程度です。
1枚20万円の太陽光発電モジュールを購入した場合、6,000円前後の費用で保証が延長されます。
金額的にはそう高いものではないので、予算に余裕があるのなら保証の延長を選択しておくと良いでしょう。

ただし、延長については販売店に詳細を確認するようにしてください。
また、販売店独自の保証もある場合があるので、どちらが有利かはよく考えて選択する事をオススメします。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印