この記事の所要時間: 312

ホンダソルテックの口コミと評判

ホンダソルテックの評価について

ホンダソルテックの口コミを評判についてを調べました。

ホンダソルテックは世界的な企業であるホンダのグループ企業です。
熊本県に存在していた企業ですが、2014年に太陽光発電の事業撤退が決まり現在はホンダソルテック自体は解散しています。

太陽電池の生産も現在は行われていませんが、市場には生産された製品がまだ残っているので販売店によっては取り扱いがある場合もあります。

ホンダソルテック製の太陽電池は結晶シリコン型よりも発電量が低い薄膜CIS型ですが、CIS型としては発電量が高く結晶シリコン型に迫るほどの性能を持っています。
CIS型の特徴である安定した発電量もあり、高性能高品質の太陽光発電モジュールです。

すでに生産されていない事もあり入手がだんだんと難しくなっていますが、CIS型の太陽光発電を導入しようと考えているのなら選択肢の1つになります。

ホンダソルテック製太陽光発電の利点

CIS型としては発電効率が高い

CIS型の中では発電効率が高いため、安定して高い発電量を維持出来ます。
発電効率はモデルによって違いますが、どの製品も高効率になっています。

最大発電効率もCIS型としては高いので、発電条件が良い時は高出力、発電条件が悪くても安定した一定の発電量を期待出来ます。

軽い

薄膜CIS型なので太陽光発電モジュールが軽く出来ています。
重さは1枚あたり14キロ程度なので、屋根への負荷はあまりかかりません。

1枚あたり14キロという軽さは設置場所を屋根に限定しません。
外観という問題はありますが、壁などに設置しても建物への負荷は最小限にとどめられます。

小回りが効く

太陽光発電モジュールは自由度が高く、設置する場所に合わせられます。
設置場所を全て有効に利用出来るので、限られたスペースだとしても一定の発電量を確保出来ます。
小さい設置場所が沢山ある場合でも、全て活用した太陽光発電は可能です。

影に強い

CIS型なので、一部が影に隠れたとしても発電量が大きく減少する事がありません。
ある程度の影までなら十分に発電出来るので、設置する場所の選択肢が広がります。

ホンダソルテック製太陽光発電の欠点

入手しづらい

すでに解散した会社なので、現在では製造も行われていません。
そのため、現在はすでに製造されているものでまだ売れていない在庫しかなく、「欲しい」と思っても入手出来ない事の方が多くなっています。

製造メーカーが解散している

上記の欠点の他に製造メーカーの解散で保証などもはっきりしません。
アフターケアは親会社である本田技研が請け負っていますが、現在の状態で導入した場合の保証はホンダに問い合わせて確認する必要があります。

トラブルが起きた場合対応出来ない可能性がある

すでに解散した企業の製品なので、今後ハード的なトラブルが起きた場合に交換などの対応が出来なくなる可能性があります。
少なくとも太陽光発電モジュールは生産されておらず、交換用のストックしかない状態である事が考えられるので、ホンダが保有する交換用のストックがなくなれば修理も出来なくなる事が考えられます。

まとめ

・CIS型太陽電池としては高性能
・影に強く発電量が安定しているので売電利益も得やすい
・軽いので設置場所の選択肢が広い
・企業自体が消滅しているため今後の保証に不安がある

会社概要

会社名:本田技研工業株式会社
所在地:東京都港区南青山2-1-1
設立:1948年(昭和23年)9月
代表者:八郷隆弘
ホームページ:ホンダソルテックの公式サイトはコチラ

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印