この記事の所要時間: 237

太陽光発電の補助金

太陽光発電の補助金について記載しているページです。

太陽光発電の導入にかかる費用は、百万年単位で必要になります。
導入した場合の利点が大きく、数年後には導入費用が回収出来るとは言え、初期投資は決して安いものではないのもまた事実です。
この事は再生可能エネルギーの利用と普及を推し進めようとする国や自治体にとっても喜ばしい事ではないもので、国や各自治体が太陽光発電システムの導入に対して補助金を出すようになりました。

補助金の額は自治体によって変わるのですが、その額は太陽光発電の導入にとって有利である事は間違いありません。
しかし、今現在太陽光発電の導入に対しての補助金を出している自治体は減少傾向にあります。

太陽光発電の導入に補助金を出している自治体

現在、太陽光発電システムに対して補助金を出している自治体は、東北地方、北陸地方、中部地方、東海地方の一部の自治体と、東京都を含む関東地方の一部自治体です(※平成28年現在)。

関東から東側はまだ比較的太陽光発電システムの導入に対する補助金精度が受けられる自治体が多いのですが、関東から西側の地方になると一気に状況が変わります。
関東から西側では今の段階で香川県と滋賀県しか太陽光発電システムの導入に補助金を出している自治体がありません。
九州地方に至ってはどの自治体も補助金を出さない状態です。
九州地方の場合は日照時間が長いことから、メガソーラーなどの利益を求めるタイプの太陽光発電が多くなってしまった事で、九州電力が売電契約の停止をしてしまうなどの問題も起きた影響が多少なりともあるようです。

しかし、これだけの補助金を出している自治体が減っている理由は、補助金制度が始まってすでに数年が経過している事が大きな原因です。
今では補助金を出している自治体の方が多いので、すでに太陽光発電の導入は多少乗り遅れた感があります。

補助金があるかどうかは自治体に確認を

数が少ないようですが、都道府県単位ではなく市町村単位で補助金がある場合があります。
額は決して多いとは言えないものもありますが、利用出来れば太陽光発電に掛かる導入コストを下げる事が出来ます。

補助金は太陽光発電を対象にしたもの以外にも、稀に代用として使えるものがあるので、太陽光発電システムを設置する自治体に確認をしてみてください。
面倒だと思うのであれば、太陽光システムを設置する業者に頼んで確認してもらう方法もあります。

太陽光発電は例え補助金が使えなかったとしても、導入して損をする事はほぼありません。
補助金が利用出来ないのは残念ですが、補助金がないからと言って諦めるのももったいない事なので、導入を決めて予算も準備出来るのなら補助金の有無に関わらず導入した方が、今後のためにもなります。

これから先売電価格や税金優遇などの精度も不利なものになる可能性があるので、一時的な得である補助金の有無ではなく導入出来る資金を用意が可能で、導入自体が可能であれば今のうちに導入をしておく方が長い目でみた時に得をします。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印