この記事の所要時間: 238

HIT太陽電池の特徴

HIT太陽電池の特徴について記載しているページです。

現時点で製品化されている太陽電池の中でも最高性能を持っているのが、HIT太陽電池と言われるものです。
パナソニックの製品の一部がこのHIT太陽電池を使っていて、他メーカーでは取り扱いがありません。

発電効率は19%以上と高く、導入すれば高い売電利益が得られやすくなります。

HIT太陽電池の利点

HIT太陽電池はヘテロ接合型と言われる太陽電池で、既存の製品化されている太陽電池を組み合わせて作られています。

HIT型太陽電池には価格が安価で変換効率が低いアモルファスシリコンと、価格が高く変換効率の高い単結晶シリコンで出来ています。
単結晶シリコンをアモルファスシリコンで挟むような構造をしています。
太陽の光を受けるのはアモルファスシリコンですが、間に単結晶シリコンが入る事で両方の利点が引き出され、高い発電効率が生まれます。

アモルファスシリコンは変換効率こそ低いものの、光が弱くても安定した発電量があります。
熱による発電効率の低下も起きにくいので、最初にアモルファスシリコンが光を受けて発電します。

アモルファスシリコンに入った光は単結晶シリコンにも届きます。
すると単結晶シリコンからも発電が始まるのですが、こちらは変換効率が高いので電気が沢山作られます。
さらにアモルファスシリコンがあることで熱の影響を受けにくくなり、変換効率の低下も抑えられます。

発電するシリコンが2つあること、お互いの欠点をお互いが補いあっていることで、高い変換効率を持つ太陽電池になっています。
HIT太陽電池は狭い範囲でも高い発電量を得られるので、住宅で商業用となる10kw以上の発電量を持つ太陽光発電システムを構築する時に大いに役立ちます。

また、薄型化しやすく低い光量でも発電出来るため、屋根だけではなく壁などにも設置出来ます。
日当たりがある程度確保出来るのなら、どこに設置しても発電が出来るので汎用性の高い太陽電池です。

しかし、どんなものでも性能が高いと価格も高いのは同じで、このHIT太陽電池も現在市販されている太陽電池としては価格も最高レベルです。

HIT太陽電池の欠点

HIT太陽電池の欠点は製造に手間がかかる事による製造コストの高さで、それはそのまま価格として反映されるため他のタイプの太陽電池に比べて高価です。
ただし、1kw単位での価格を考えた場合高い変換効率は功を奏しているのでコストパフォーマンスに優れます。
長い目で見れば売電利益も多く得られるので、初期投資は高めですが決して損をする事はありません。

安くはありませんが、それだけの性能はある製品なので導入すればその成果は大きなものになります。

価格は高いのですが、最近では複数見積もりにより安く導入出来る例も出てきました。
とは言え初期投資はある程度必要なので、HIT太陽電池を選択する場合は一括見積もりなどで複数の業者に見積もりを取る事と、他の太陽電池を選択した場合の発電量なども見積もりで取ってください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印