この記事の所要時間: 247

太陽光発電の日当り

太陽光発電の日当りについて記載しているページです。

太陽光発電は太陽の光を太陽光発電モジュールで受ける事で初めて電気を作り出します。
実際には「光」であれば何でも良いのですが、コストを掛けずに得られる上に強い光となれば太陽の光しかありえないので、太陽の光が十分に当たる場所以外では太陽光発電はその能力を発揮出来ません。

太陽光の当たり方は太陽光発電モジュールを設置する場所や、土地の立地、その地域の天候によって左右されるため、太陽光発電の発電効率は全て一定というわけではありません。

太陽光が当たらない場合の太陽光発電

太陽の光があまり当たらない場合の太陽光発電を考える場合、以下の選択肢が考えられます。

導入を諦める

太陽光発電は太陽の光がないと十分な発電が出来ません。
日陰が多い、太陽光発電モジュールに影の部分が出来るなどが起こると、発電効率は極端に落ちてしまうので設置をする意味が薄くなります。
全く発電をしないわけではありませんが、売電に回せるほどの電力を確保出来ない可能性もあるので、一括見積もりなどで予想される発電量を業者から出してもらい、採算が合わないようであれば諦めるという選択を考える事になります。

引越した上で家の建て直し

太陽光発電のためにここまでして良いのかという事をまず考える必要がありますが、建て替えを考えているのであれば選択肢になります。
新たな住宅を建てる場所に日当たりの良い場所を選べば、発電量も確保が可能なので太陽光発電の能力を発揮出来ます。
しかし、太陽光発電のためだけに引越し、建て替えをするのは負担が大きすぎるので、あくまで家の建て替えなども考えている時だけの選択肢です。

設置場所を変える

敷地内に太陽光が安定して当たる場所があれば、そこに太陽光発電モジュールを設置する方法もあります。
施工費用が高くなる事もありますが、代替案としては最も現実的な選択の1つです。

可動式太陽光発電

ある意味究極の太陽光発電と言えるもので、太陽光発電モジュールを固定せずに太陽の動きに合わせて動かすというタイプのものです。
可動式太陽光発電の場合、花のひまわりのように太陽に向けた状態を自動で維持出来るので、少々の日当たりの悪さならその影響をほぼ無くしてしまう事が出来ます。
ただし、施工費用は固定式よりも高くなってしまうので、基本的には余剰電力を売る発電量が10kw以下の設備では費用の回収に少し時間が掛かる可能性があります。
そのため、どちらかと言えば発電した電気を全て売れる10kw以上の発電量を持った設備向けです。

以上が日当たりが悪い場所に太陽光発電システムを導入する場合に考えられる選択肢です。
他に代替案がある場合もありますが、その場所によって変化する事もあるので、一括見積もりなどを利用して複数の業者で見積りを取り、それぞれの業者の見解を見てから決めてください。

完全な日陰しかない場所に太陽光発電システムを導入するのはあまり意味がないので、業者が導入に向かないと判断するようなら諦めるという選択をする事も視野にいれておいてください。

業者は設置をすると依頼者が言えば施工はしてくれますが、負担が増えるだけなのでオススメしません。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印