この記事の所要時間: 233

太陽光発電の発電量トラブル

太陽光発電の発電量トラブルについて記載しているページです。

太陽光発電の導入が終わり、契約なども済ませていよいよ発電の開始を迎えたは良いが、なかなか発電量が増えない。
いつもモニターの表示が低く売電はおろか自宅で使う電気さえも確保出来ない…

太陽光発電にはこのようはリスクが少なからず存在します。
通常は施工業者や販売業者が事前に調査を行うので、発電量が極端に少ないと言った事は起こりませんが、業者や設置する太陽光発電モジュール、パワーコンディショナーの選択を間違えると期待通りの発電量を得られない可能性もあります。

太陽光発電の命運を分ける施工

太陽光発電は一般的な家庭用のものであれば屋根に設置する事になりますが、屋根にも2面のものや4面のもの、テラスのようになっているものがあり住宅によって様々です。
太陽光発電の設置の際には、これらの屋根の形状も考慮しておかないと、ただ設置しただけでは発電量を確保出来ない事があります。

屋根のどこに、どのように太陽光発電モジュールを設置するかは施工業者の腕の見せ所ですが、質が悪かったり経験の浅い施工業者の場合、太陽光発電モジュールの性能を十分に発揮させる事が出来ない設置をしてしまうかもしれません。

太陽光発電モジュールの設置には専門知識が必要なので、太陽光発電の施工数が少ない業者や、普段太陽光発電の施工を行っていない業者に頼んでしまうと、お金をかけて導入した太陽光発電システムが十分に機能しない場合もありえます。
また、太陽光発電モジュールには製造方法によって特徴があり、設置する場所での発電に適した特徴を持った太陽光発電モジュールを選択しないと発電量が少なくなる事もあります。

特によく見られるシリコン型の太陽光発電モジュールは日陰に当たると一気に発電量が下がってしまうのですが、CIS型などであれば日陰の影響をあまり受けないので発電量が確保出来ます。

どの太陽光発電モジュールを選択すべきかを考慮して提案が出来ない業者の場合、不向きな太陽光発電モジュールを提案してくる事も考えられ、業者の言うがままに進めていくと発電量が少なすぎて話にならないと言った事になるかもしれません。

太陽光発電での施工は、設置後の発電量を左右する重要な部分なので、施行回数が多い業者に依頼した方が太陽光発電の機能を余すこと無く利用しやすくなります。

複数の業者と比較する

施工業者の選択はなかなか難しいものですが、太陽光発電を取り扱う業者を集めている一括見積もりを使えば、経験の浅い業者や質の悪い業者を排除して見積もりが出来ます。
一括見積もりは業者に対して登録時の条件を課していて、条件を満たしていない業者は登録が出来ず、途中で条件を満たせなくなれば容赦なく排除されていくために、レベルの低い業者に当たる可能性を極限にまで小さく出来ます。

利用料金もかからないので、利用するだけで太陽光発電の導入後に取り返しの付かない失敗を防げます。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印