この記事の所要時間: 237

太陽光発電の反射光のトラブル防止

太陽光発電の反射光のトラブル防止について記載していきます。
太陽光発電を稼働させるには、時に周りへの配慮が必要なこともあります。

最近トラブルになっているのが「反射光」というものです。
太陽光発電は太陽の光を太陽電池が吸収する事で電気を作り出すので、設置をする場所は太陽の光がよく当たる場所を選ぶ事になります。
さらに場所だけでは太陽の光を上手く捉える事が出来ないので、角度を付けなければなりません。

この角度は太陽に対して地球の自転や地軸のゆらぎがあるために必要になるのですが、この角度を付けた太陽光発電モジュールが時にトラブルの原因になる場合があります。

太陽電池は光を吸収するが、同時に反射もする

太陽電池は太陽光を吸収して電気を作りますが、全ての太陽光を吸収しているわけではありません。
光の吸収率もありますし、太陽の光自体にも可視光線や不可視光線と言った種類があるので、太陽電池が受け切れないものは跳ね返してしまいます。

試しにすでに設置されている太陽光発電を見れば、時間帯によっては光を反射して輝いているはずです。
これは太陽電池が光を反射しているもので、反射された光は太陽光発電モジュールの角度の先に流れて行きます。

もし、その先に建物があれば反射された光が当たる事になります。
反射された光は「光」だけではなく「熱量」も含んでいるので、これが時にトラブルを引き起こすのです。

実際に太陽光発電の光反射でトラブルは起きている

太陽光発電モジュールが反射した光は想像以上に苛烈なもので、特に夏場は強烈な光と熱を発生させます。
距離にも影響されますが、太陽の光や熱は建物の外壁を劣化させたり、窓に入れば熱と光が建物の中に入り込む事になります。
すでに裁判沙汰にまでなっているのが現状で、今現在裁判になっているのはメガソーラーですが、一般的な住宅用の太陽光発電でも環境によっては同じようなトラブルになる恐れがないとは言えません。

たとえ屋根に設置しているとしても、地形によっては高低差で自宅の屋根部分が他の建物の窓や玄関部分になる事もあります。

太陽光発電の導入で他者に何らかの影響を与えてしまう事も無いとは言えないのです。
もちろん、自身が他者の太陽光発電導入で影響を受ける事も考えられます。

トラブルを避けるには、業者都の打ち合わせが大事

このトラブルは回避するのが簡単で、施工業者に近隣への影響がないかを調べてもらう、相談すると言った事で回避出来ます。
施工業者は太陽光発電の導入前に発電量を可能な限り得られるように調査を行いますが、あらかじめ相談しておけば何らかの影響がある場合の対策も提案してくれます。

基本的に家庭用の太陽光発電ではあまり反射光のトラブルは起きる事はないのですが、今後導入数が増えていくと少数でもトラブルの原因になる可能性はあります。
トラブルになってしまえば裁判や太陽光発電の撤去と言った問題も出てくるので、導入時に近隣への影響が出そうな時は必ず施工業者に相談をしておいてください。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印