この記事の所要時間: 843

太陽光発電の導入費用

太陽光発電の導入費用を決めるのは、太陽光発電システムの価格、施工費用、輸送費用の4つが主な要素になります。

太陽光発電システムの導入費用

太陽光発電システムの導入費用は、発電を行う太陽光発電モジュールや電気の変換を行うパワーコンディショナー、ケーブル類、接続箱、発電モニターに分けられます。

モジュールの費用

太陽光発電モジュールの価格は安いもので1枚当たり12万円程度、高いもので20万円前後です。
基本的に価格が高いものの方が発電効率が高いので、「安いものが節約出来る」とは限りません。

発電効率が高ければそれだけ売電に回せる電力も多く確保出来るので、実質的に発電量が低いが安い太陽光発電モジュールよりも値段は高いが、発電量の高い太陽光発電モジュールの方が売電による利益が大きくなり結果的に安くなる事があります。

また、太陽光発電モジュールは1枚では意味がなく、10枚から20枚程度必要になるのでかかる費用は120万円から200万円ほどになります。

パワーコンディショナーの費用

太陽光発電で生まれた電気を、家庭や売電に使える電気に変換する機械です。
パワーコンディショナーは安いもので12万円程度、高いものは50万円を超える事もあります。

価格の高いパワーコンディショナーは変換効率が高く発電した電気をあまり消耗させずに変換してくれるので、太陽光発電全体の発電効率を高めてくれます。

接続箱、ケーブルの費用

接続箱やケーブルは太陽光発電モジュールやパワーコンディショナーを接続するために使用します。
ケーブルの場合は必要な長さにもよりますが、2万円から4万円程度、接続箱は1つ当たりの単価として2万円から3万円程度必要です。

発電量モニターの費用

発電量を監視するためのもので、今現在の発電量やこれまでの発電量などが記録されていて、いつでもそれらの情報を見る事が出来ます。
発電量モニターは10万円程度で販売されている製品が多くありますが、低価格帯のものも最近では見られるようになっています。

施工費用

太陽光発電システムを設置するために必要な費用です。
一般的な太陽光発電システムの場合、施工費用は20万円から40万円ほどかかります。

総費用は150万円から400万円程度

導入する太陽光発電システムの性能や規模、製造メーカーなどにもよりますが、一般的な住宅に導入する場合は150万円から400万円程度の費用がかかります。

ただし、太陽光発電の場合は総費用という考え方よりは発電量に対する導入費用という考え方が一般的です。
発電量1kw当たりどの位の導入費用が掛かるのかという考え方で、発電性能を基準にして導入費用を考える事が出来るので、実際に導入した時に一番得をする選択をしやすいという特徴があります。

現在どの業者も見積もりなどで提示するものは、この1kw当たりの導入費用を使う事が多くなっています。
1kw当たりの単価で考える場合、現在の太陽光発電システムは高くても1kw当たり50万円以下で導入出来るので、これを基準にすると適正価格での導入も選択しやすくなります。

ある程度の相場を知っておくのも有効

太陽光発電の導入費用には、ある程度の相場というものが存在します。
相場価格は必ずしも太陽光発電の導入費用をその額で実現出来るというものではありませんが、ある程度の目安として考える事は出来ます。

太陽光発電の導入費用の相場は、発電効率で考えます。
発電効率とは太陽光発電システムが発電出来る電力の事で、kw(キロワット)で表します。

相場価格は1kw当たりの発電量に対して、太陽光発電システムを導入するのにいくら必要なのかを示したもので、太陽光発電システムを販売しているメーカーによって相場価格も変化します。

性能?コストパフォーマンス?メーカーで変わる相場価格

太陽光発電システムの相場は、製造メーカーによって大きく変わる場合があります。

太陽光発電システムの製造メーカーは国内外を含めるとかなりの数が存在しますが、その中でも定番とされるメーカーが存在します。
定番と言われているメーカーの製品は導入費用全体を見ると高くなりがちですが、1kw当たりの相場価格として考えると安くなる場合があります。

実際の相場価格

相場価格

太陽光発電性能によっても相場が変わってきます。
また、家の状況にもよりますので、正確には業者に見積もり依頼をする必要がありますが、おおまかには下記の通りとなっています。

発電性能が3kwから4kwの製品

発電性能が3kwから4kwの製品の場合、屋根の1面(スレート1面)に設置した場合の1kw当たりの相場価格は32万円から38万円程度です。
この価格は太陽光発電モジュールが15枚程度の場合なので、設置する面積が増えた場合は相場価格が変動します。

発電性能が3kwから4kwの場合、全体の導入費用が100万円から130万円程度に収まるのが利点で、発電性能も十分あるので太陽光発電のスタンダードモデルとも言えるランクです。
売電による利益は大きくありませんが、それでも電気料金の節減や売電による利益という恩恵は十分感じられます。

発電性能が4kwから5kwの製品

発電性能が4kwから5kwになると、屋根の1面に設置した場合の1kw当たりの相場価格に多少の変動が見られますが、発電性能が4kw以下の太陽光発電システムとあまり差が出ていません。

このグレードの場合は1kw当たりの相場価格が32万円から38万円程度です。
ほぼ4kw以下の太陽光発電と同じですが、設置する太陽光発電モジュールの数が20枚以上になる事がほとんどなので、導入費用の総額は高くなります。

具体的には140万円から190万円ほどになりますが、1kw当たりの相場価格を考えると4kw以下の発電量のものよりも安くなる場合が多くなります。

発電性能が6kw以上の製品

6kw以上の発電量を持つ太陽光発電になると、1kw当たりの相場価格は30万円から35万円程度になります。
1kw単位での相場価格としては価格が安くなりますが、全体の導入費用は180万円から200万円前後と高額です。
しかし、売電による利益も得られやすいので太陽光発電の導入費用を早く回収出来ます。

太陽光発電の場合は導入に必要な費用と、1kw当たりの導入費用に差が生まれる事が多いのですが、基本的に1kw当たりの導入費用のみを参考にしておけば問題ありません。

太陽光発電の導入費用に差が出る理由は?

太陽光の導入費用の差

太陽光発電にかかる費用は業者によって差が開く事が多く、相場通りにならなかったり他の人の導入費用と比べて高くなったり安くなったりする事が当たり前のように起きます。
その理由の大きな原因は、業者間の見積もりに差が出る事なのですが、業者間で差が出る事にも理由があります。

太陽光発電はオーダーメイド

太陽光発電は家電量販店などでも販売されているので既成品には違いないのですが、実際は設置する屋根の形などに合わせたり、配線なども設置する場所に合わせて行われるために、実際には完全なオーダーメイドです。

設置する環境に合わせて作られるので、業者に寄ってどのように環境に合わせた形にするかが違えば、それが価格差となって現れてきます。
効率的な設置方法を提案出来る業者なら、無駄を省いて最も良い形で設置出来る方法を考えてくれるのですが、あまり経験のない業者の場合は無駄が多く、不要な部分も含めてくる事があるので、費用が増えるという結果になる場合があります。

オーダーメイドは、太陽光発電に限らず見積もりをする業者の経験が大きく影響する事があるので、オーダーメイドという事自体が費用差を生む原因になっています。

選択した太陽光発電モジュールによる差

太陽光発電モジュールは性能によって価格帯も変わってきます。
当たり前ですが、価格帯の高い製品は発電効率も良く売電にも有利になってきますが、その分導入費用も高額になります。
太陽光発電モジュール以外にも太陽光発電には高い製品をいくつか必要としますが、屋根に設置する太陽光発電モジュールは通常であれば複数必要とするので、数が増えれば導入費用も大きくなります。

また、同じ1枚の太陽光発電モジュールでもメーカーによって価格に違いがあったり、発電量に違いがあるので目標とする発電量を10枚の太陽光発電モジュールで発電出来る製品もあれば、9枚や8枚で実現出来る製品もあります。

つまり、太陽光発電モジュールの1枚あたりの価格差や発電量によって価格と設置する枚数に差が出る事があり、選択した太陽光発電モジュールや業者が提案してきた太陽光発電モジュールによって導入費用にも差が出てしまう場合があります。

施工する場所などの条件

施工する場所が屋根である場合、使用されている建材によっては通常の施工では太陽光発電モジュールを設置出来ない事があるために、施工費用でも差が出る事があります。

見積を依頼した業者の質

見積もりを依頼した業者の質によっても提案が変わるので、価格差に繋がります。
経験のある業者であれば、最適な提案を幾つか提示して来るので選択肢も広くなります。
しかし、質の悪い業者や太陽光発電をまだ取り扱って間もない業者は提案自体に問題がある場合もあり、それは価格差となって現れる事があります。

太陽光発電の費用には価格差がつきもの

太陽光発電の導入費用は、依頼する業者によって価格差が出るのが当たり前です。
その原因は色々とあり、原因となるものを知っておく事は、提示された太陽光発電の導入費用が妥当であるかどうかを判断する材料になります。

しかし、一番良いのは業者間の価格を比べる事です。
同じ品質のものでも数十万円の価格差が業者の間で出る場合が珍しくないので、安くお得に太陽光発電を導入したいのであれば、業者の見積額を比べる事が有効な手段です。

業者間の価格は見積もりで分かりますが、1つずる業者に連絡をして見積もりを取るのは時間がかかりますが、太陽光発電專門の一括見積もりを利用すると手間を掛けずに複数業者の見積を比べられます。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印