この記事の所要時間: 834

太陽光発電と電力自由化

平成28年4月より始まる電力自由化は、太陽光発電システムを導入している人や、これから太陽光発電システムの導入を検討しようとしている人にとっても影響するものです。
制度としては、これまで独占状態だった電力会社も競争の波にさらされるので、利用者としては利点の方が多いのですが、一方で新制度の始まりは危険な時期でもあります。

横行する電力自由化を悪用した詐欺

何かの制度が始まると、それを利用して悪だくみを考える輩が出るものです。
これまでも年金問題や給付金などを利用した悪質な詐欺が発生していますが、電力自由化も詐欺の道具として利用され始めています。
電力自由化は太陽光発電にも関係する事なので、これを利用した悪質行為や犯罪行為が発生する危険がある事は十分理解しておかないと、これから太陽光発電を導入しようとしている人が思わぬ被害に遭ってしまうかもしれません。

特に太陽光発電はそれ自体が詐欺や悪質行為に利用された事もあります。
太陽光発電はリフォームなどでも行われる事があるため、悪質業者が騙しの手口として利用すると言った例もあり、危険性がある事を知らないと騙されてしまうかもしれません。

騙された時の被害は想像以上になる

どんな詐欺でもそうですが、一度騙されてしまうとその被害は想像以上のものになります。
太陽光発電の場合は導入にかかる費用が最低でも100万円程度必要になるので、万が一騙された場合同程度のお金を騙し取られるか、性能の悪い粗悪品を設置されてしまうといった被害が考えられます。

電力自由化が目前に迫り、売電価格の更新も控えた時期になってくると太陽光発電の導入を検討する人も増えてきます。
それを利用して、電力自由化などをもっともらしい言葉で利用して騙すという手口はこれから増えてくる事が予想出来ます。

基本的に電力自由化でお金を支払う事はない

電力自由化は大きな改革ではありますが、太陽光発電を導入しているしていないに関わらず、お金を支払うというような事はまずありえません。
電力会社の変更にお金がかかるような事もありませんし、売電先の変更でもそれは同じです。
すでに太陽光発電システムを導入しているのなら発電システム自体を入れ替える必要もありませんし、これから導入を検討している場合でも高額な特殊機器を必要とする事もありません。

騙されないためにはどうするか

騙されないようにするには、まず電力自由化や太陽光発電に対する知識が必要になります。
また、これから太陽光発電を導入しようとしているのなら1つの業者や訪問してきた業者を利用するのではなく、導入にかかる費用を比べる事が出来る太陽光発電の一括見積もりを利用する事が被害に遭う可能性を引き下げてくれます。

大手の一括見積もりであれば悪質業者は排除されているので、騙される心配はほとんどありません。
安全な太陽光発電の導入をしたいのであれば、一括見積もりを利用する事をオススメします。

電力自由化によるメリット

電力自由化によるメリット

そもそも電力自由化というのは、一体何なのでしょうか。

電力自由化(でんりょくじゆうか)、または電力市場の自由化とは、従来自然独占とされてきた電気事業において市場参入規制を緩和し、市場競争を導入することである。電気料金の引き下げや電気事業における資源配分の効率化を進めることを目的としている。コンテスタビリティ理論を理論的支柱とする。
具体的に行われることとしては、
誰でも電力供給事業者になることができる(発電の自由化)
どの供給事業者からでも電力を買えるようにする(小売の自由化)
誰でもどこへでも既設の送・配電網を使って電気を送・配電できるようにする(送・配電の自由化)
既存の電力会社の発電部門と送電部門を切り離すことで競争的環境を整える(発送電分離)
電力卸売市場の整備
などがある。
参考URL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%8C%96

上記のように、電力自由化が進むと電気の価格が下がります。
価格が下がるだけではなく、サービス競争などもありますので、電力会社による質の高いサービスというのも期待する事が出来ます。

電力自由化が目前に迫っている今、太陽光発電にも少なからず影響が出る事を考えて置かなければなりません。
電力自由化による影響はメリットもあればデメリットもありますが、まずは電力自由化が始まり、その後の発送電分離まで至った場合の現時点で考えられるメリットを太陽光発電の導入と共に考えておくと、より有利な導入が実現しやすくなります。

まず最初に、電力自由化というものが3つの要素で成り立っている事を理解しておく必要があります。
電力自由化は「発電」および「売却」そして「送電と配電」を自由に行えるようにするものです。

太陽光発電に影響するのはこの全ての要素ですが、今の所は「発電」と「売却」が大きく影響する事になります。
実質的なメリットはあまり無いのですが、電気を自由に売れるという事を利用すれば、売電の利益を少しだけ底上げ出来る可能性はあります。

売電のメリット

電力を自由に売買出来るという事は、国内に10社ある○○電力と名の付く既存の電力会社以外にも電気を売買が可能という事に繋がります。
つまり、電気の購入先と売却先を別にする事も制度上では可能という事です。

太陽光発電により電気を自家発電すると、余った電力を売電を行うことが出来ます。
電力自由化が進行すると、様々な電力会社が参入するため、より高く電気を買取してくれる業者が現れるというわけです。

機器の都合もあるのですが、今後太陽光発電で作った電気を他より高く買い取ってくれる電力事業者と、電気を他より安く売っている電力事業者を組み合わせて売電利益を最大限に伸ばすという方法も考えられます。

現時点ではまだ難しいのですが、売電先の変更や買電(電気を購入すること)先の変更は自由に出来るようになるので、現実味を帯びた話です。

プレミアム買取

より高く電力を買取をしてくれる業者に切り替える事をプレミアム買取と言われています。

より高く買い取りをしてもらえますので、早く投資回収を行うことが出来る可能性が高いと言えます。
太陽光発電自体が高額な製品になりますので、より高く売電が出来るという事は非常にメリットがあると思います。

これ以外のメリットは特にありませんが、今後新規参入の電力事業者が増えていけば状況も変化していく事が予想されるため、今から数年後に新たなメリットが生まれるかもしれません。
現在の所は控えめなメリットではありますが、もし実現出来るのなら使い方次第では年間の売電利益は数万円単位で増やす事も出来ます。

間接的なメリット

電力自由化は太陽光発電での売電を行えるという意味をさらに後押しするものなので、今後太陽光発電システムの普及が進んでいく事は容易に想像出来ます。
沢山普及が進めば、それだけ太陽電池の価格も下がっていくので今太陽光発電を導入したとしても、買い替えや交換の時に高性能なものが安価で購入出来る事も可能です。

また、自由化で新規参入した電力会社も太陽光発電で出来た電力を買い取るため、買取価格の価格競争も起こります。
全ての人が太陽光発電を導入出来るわけではないので、電気を売る時の事を考え一定の歯止めは掛かるでしょうが、それでも太陽光発電を導入している人には大きな魅力です。

現時点ではあまり電力自由化によるメリットはありませんが、今後少しずつ自由化による利点も見えてくることでしょう。
先行投資という意味合いでも、今の時点で導入が出来るのなら早めに導入しておく方が後々の利益になります。

売電先の選択肢

売電先の選択

現在、電力事業に参入を決定している企業のほとんどは携帯電話のキャリアやガス会社、石油会社、メガソーラーを手掛ける業者など多くあり、その中には売電に関する準備をしている所もあります。
電力事業への新規参入業者は新電力とも言われ、既存の電力会社とは違った売電価格を設定している所もあり、その価格は既存電力会社よりも有利である事が多く、これから太陽光発電の導入を検討する時に大きな課題となります。

他にも、新電力は母体企業がガス会社であったり、携帯電話会社であったり石油買社と日常生活の中で利用する機会の多い他事業からの展開である事が多いので、特典としてこれらの利用時に割引やポイントの付与といったサービスも準備されています。
これらの付加価値や売電価格は、既存の電力会社に売電するよりも価格面、サービス面で有利という魅力があるので、よく検討して太陽光発電で作った電気をどこに売るかを選ぶ事が当たり前になっていきます。

売電量を増やすという選択も

新電力の登場で売電価格も出来るだけ高く買い取る事が電力業者側に必要になってきます。
ある程度の価格で電力が買い取られるようであれば、発電量を増やして売電利益を底上げするという選択肢も出てきます。
太陽光発電の場合は設置場所などの影響もありますが、設置場所が確保出来る場合は10kw以上の発電量を確保して売電利益を増やすと高い利益を上げられる可能性もあります。

どの位の利益が出るのか、また今後太陽光発電システムの導入が進んだ場合にどうなるかはまだ不透明ですが、今の時点では太陽小発電の発電量を増やす事も十分選択肢になります。

これからは計画性が必要

2016年4月を境に、電力業界は大きく変化します。
これは売電にも大きく関わってくる事なので、これから太陽光発電の導入をしようとしているのなら「どこに電気を売るか」もよく考えておく必要があります。
売電先を新電力にするか、それとも既存の電力会社にするかは発電量や地域、業者の用意するプランによって有利、不利が変わります。
最良の選択が出来るように候補となる電力会社がいくらで電気を買取り、どんなサービスをしているかはを調べておくのも良いと思います。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印