この記事の所要時間: 251

CIS型の太陽電池の特徴

太陽光発電に使われる太陽電池の中でも、発電量の安定性に優れているのがCIS型と言われる太陽電池です。
CIS型は現在主流である太陽電池の1つで、金属を主体とした半導体から出来ています。

特徴はその薄さで、同じ太陽電池でも結晶シリコン製のものより薄く軽量です。
太陽電池は素材によって薄さが異なりますが、CIS型の太陽電池は太陽電池の中でも最も薄いもので、最大でも3マイクロメーロルしかありません。

この薄さは、発電でも有利に働きます。

CIS型太陽電池の利点

CIS太陽電池の特徴である薄さは、CIS太陽電池の利点にもなっています。
太陽電池は光が当たると、内部の原子が反応して電気を作るようになっているので、どのタイプの太陽電池も光が奥に届くように薄くなっています。

市販製品の中で厚さがあるものは結晶シリコン型というもので、発電量が多いのですがその厚さは300マイクロメートルほどあります。
これでも十分薄いと言えるのですが、CIS型と比べると100倍ほどあります。

この厚さは太陽光の吸収を悪くしてしまうのですが、CIS型の薄さであれば太陽光の吸収が悪くなる事がありません。
そのため、多少光が弱くても常に一定の発電量を確保出来るようになっています。

太陽電池の性能である変換効率は結晶シリコン型の太陽電池に比べると劣りますが、その代わり発電に必要な光の強さが結晶シリコン型よりも大幅に小さいため、多少日陰が出来たり季節による光の強弱での発電量の低下が起きにくくなっています。

また、この特徴を活かすためにCIS太陽電池を使った太陽光発電モジュールは結晶シリコン型のものとは違う構造をしているので、CIS型の太陽光発電モジュールは発電量のぶれが少なく、長く一定の発電を行えます。

熱による発電効率の低下もあまり起こさないという特徴があるため、暑い環境でも発電ロスがあまり起きません。

CIS型の利点はこの一定の発電を少ない光で熱くなっても行えるというもので、発電において悪い環境下でも十分な発電量を確保出来ます。

販売されている太陽光発電モジュールの発電効率自体は、結晶シリコン型の方がCIS型よりも上回りますが、現在の太陽電池において最高値を出しているのはCIS型なので、今後はCIS型が伸びてくる可能性もあります。

CIS型太陽電池の欠点

CIS型太陽電池の特徴は環境次第では、結晶シリコン型の太陽電池の発電量を上回る場合があります。
しかし、発電に必要な環境が十分に、また長い間で整いやすい場所の場合、年間の発電量が結晶シリコン型の太陽電池よりも劣る事が多くなります。

これは、現在市販されているCIS型太陽電池の最大発電効率が、結晶シリコン型よりも2%から5%ほど低いために起こります。
CIS型の中でも、上位モデルの変換効率が高いものであればあまり気にする事はありませんが、発電に良い環境が整いやすい地域にはあまり向かない太陽電池です。

環境が変わりやすい場所に有利

CIS太陽電池は、ビルの多い場所や山の近くで影になる時間が多い場所など、環境の変化が激しい場所や最高気温が高くなる場所に向いています。
どの太陽電池が良いのか悩んでいるのなら、一括査定を利用して複数業者の見積を取って予測される発電量を見れば選択の参考になります。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印