この記事の所要時間: 237

アモルファス太陽電池の特徴

アモルファス太陽電池の特徴について記載しています。

太陽電池の中でもコストパフォーマンスに優れているのがアモルファス型と言われるもので、汎用性が高くあらゆる場所に利用出来るという特徴があります。

結晶シリコン型の半導体の一種ですが、一般的な太陽電池に使われている結晶シリコン型とは違い、原子配列が不規則になっています。
通常、太陽電池に使われる結晶シリコン半導体は原子配列が規則的に並んでいるのですが、アモルファス型は原子配列に全く規則性がありません。

これはアモルファス型の利点でもあり欠点となっています。

アモルファス型の利点

アモルファス型の利点は高い汎用性で、通常の太陽光発電モジュールよりも薄く出来るという利点があります。
太陽光を吸収しやすいとい性質があるため、1マイクロメートルまで薄くしても発電出来ます。
薄くしても発電量は変わらないので、窓や壁などに張り付けても発電出来る他、薄いので重量も軽く屋根の設置した時に、屋根への負担が減らせるという利点があります。

薄いので加工がしやすいのも特徴で、太陽光発電モジュールにした時にも加工のしやすさから様々な形にしやすいため、屋根の形状に合わせた太陽光発電モジュールを作りやすく、屋根の全面に太陽電池を設置出来るのでスペースを無駄にしません。

太陽電池には天敵となる熱にも強く、高温になっても安定した発電量を維持出来る他、電圧調整も簡単に行えるためパワーコンディショナーに負荷がかかりにくいのも利点です。

コストパフォーマンスは太陽電池の中でも最高クラス

薄く加工がしやすい割に生産も難しくなく、容易に大量生産ができるので製造コストが安く、その分価格も安くなっています。
安く太陽光発電を導入したいのなら、アモルファス型は最も適している太陽電池です。

アモルファス型の欠点

アモルファス型には、現行の太陽電池の中では発電効率が低いという欠点があります。
現在の主流である結晶シリコン型もアモルファス型と同じ結晶シリコン型ですが、今多いものは多結晶シリコンと言われる原子が規則正しく並んでいるタイプのもので、この種類の太陽電池は発電効率が最大で19%ほどあります。

しかし、アモルファス型の場合単体で9%程度、研究によって多層構造にする事で多少は向上出来るようになったものの、それでも10%前後と通常の結晶シリコン型太陽電池には遠く及びません。

価格が安いので発電効率が低くても太陽光発電の導入費用は売電で回収出来ますが、発電量が小さく売電に回せる電力が少なくなるために、回収出来るまで時間がかかる場合もあります。
また、電気の使用環境によっては売電利益が出なくなる可能も出てきます。

安く太陽光発電を導入出来る分、発電量はあまり期待出来ません。
その変わり、太陽光発電システム自体も発電による負荷が少ないので、長く稼働させ続ける事が出来ます。

欠点もありますが、安さを優先したいのなら低予算でも太陽光発電を導入できるアモルファス型は最善の選択になりえます。

100万円以上安くなる一括見積りサイト】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社ソーラーパートナーズが運営する「ソーラーパートナーズ」です。

ソーラーパートナーズの画像

チェックマーク【ソーラーパートナーズのポイント】
  • 資格を持つ施工業者のみを厳選
  • 審査通過率9.8%
  • 複数の業者と比較が出来る
  • 100万円以上安くなる事もある
  • 導入費用以外にも設置内容・補助金も分かる
  • 戸建てから産業用まで対応
【ソーラーパートナーズの概要】
全国で16,000件以上の利用者の実績があり、日本トップクラスです。
大きな特徴としては、中立な立場で特定のメーカーに偏らず、国内外の全メーカー販売店の中から最適な業者を選択する事が出来ます。
また、他の一括見積もりサイトには参加していない業者も多数参加しています。
しつこい営業などのクレームがあった場合には、掲載削除されるペナルティもあるため、質の高い業者ばかりです。
審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した業者のみなので、技術・マナーもしっかりとしています。
約1分の作業で完了しますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

矢印