この記事の所要時間: 815

はじめに

太陽光発電に関しては、非常に高いお金が必要となります。
その中でも業者間でのトラブルも多く、金額が高いだけにトラブルになると非常に面倒な事に発展します。

トラブル防止のためにも、消費者もある程度の知識を身につけて、信頼の出来る太陽光発電業者にお願いしなければなりません。
しかしながら、どんな業者に依頼して良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

インターネットには、様々な情報が掲載されています。
業者の口コミや評判の情報など、何を信用して良いのかも分からないという方もいるでしょう。

当サイトでは、基礎的な情報、役立ち情報、よくある質問・疑問などを掲載しており、中でも安心してお願い出来る業者選びという部分に力を入れています。
失敗しない太陽光発電にするためにも、色々な情報を集めておくようにしましょう。

太陽光発電の現状

今や太陽光発電は日常の生活に溶け込むように、一般的な住宅設備として活用されるようになりました。
太陽の光で電気を作る技術は現在よりも昔に生み出されていましたが、発電する能力や費用面で一般家庭で使うには現実的ではないものだったために、普及が進まない状態が長く続いていました。

ところが近年になり技術面での進化が著しく進んだために、太陽光発電を取り巻く環境も大きく変化しています。

それまでの太陽光発電に必要だった設備は大型で重さもあり、今のように住宅などの建物の屋根や壁面に取り付けて使えるものではなく、また発電量も小さなもので実用するには向かないものでした。
しかし、現在の太陽光発電は小型化が進み重さも軽くなっているので、建物への負荷も少なくなっています。

この軽量化のおかげで、一般的な住宅であれば設置出来るようになりました。
さらに、追い風として太陽光発電は電気を作る時に、二酸化炭素を一切出さない事からクリーンエネルギーの代表格とされ、国も太陽光発電量の普及に取り組むようになりました。
具体的には国が政策として太陽光発電量を導入する時に、減税や導入費用の補助、新築住宅の性能評価による優遇制度などに力を入れています。

国が本格的に普及に取る組むようになったこと、太陽光発電自体が技術的に進化したことにより、高額だった導入費用も一気に下がったために、一般家庭でも太陽光発電の導入が選択肢として挙がるようになっています。

太陽光発電の普及率は急激に加速しているので、今後も導入に必要な費用は下がっていく可能性があります。
しかしながら、今の時点でも太陽光発電の導入はあらゆる面で敷居の低いものになっているので、今からでも十分に有利な条件で導入出来ます。

太陽光発電を失敗しないために

太陽光発電は製造しているメーカーによって価格も性能も大きく異なる他、耐久性能や太陽光発電とはセットとなる売電に関係する部分にも差が見られます。
そのため、本当に有利な条件で太陽光発電を導入しようと思うのなら、知識と選別が必要になります。

太陽光発電の知識や選別は一見すると難しそうに見えるかもしれませんが、実際は専門的な知識がなくても多少調べた程度の知識で十分な効果を得られます。

特に安く太陽光発電を導入したい、数年後の事を考えておきたい、税金を安くするために導入したい、売電を有利にしたいなどの基本的な部分であれば難しい知識は必要なく、太陽恋発電の選び方や導入に伴いやっておくべき事を知っておけば十分なものです。
太陽光発電は、今や誰にでも手が届くものになっています。
導入した時の利点も大きいので、「やるべきこと、知っておくべきこと」さえ分かっていれば、あとは実行するだけで将来的な利益を生む事も十分出来ます。

太陽光発電の導入決断は早い方が良い!?

普及が進んでいる太陽光発電は、今や発電効率が20%を超える製品も登場しました。
発電効率は売電利益にも関係するため、変換効率が大きくなればなるほど売電に回せる電気が増えていくので、売電の利益も増えていく事になります。

現在の水準でも発電量は大きいのですが、太陽電池の実情はまだ開発が続いている状態です。
今後は研究が進むと発電効率が50%を超えてくる可能性も十分にあります。

いつになればその時が来るかはまだハッキリとは言えませんが、これから稼働させようとしている太陽光発電システムが寿命を迎えた頃には、太陽光発電事情は大きく変化しているかもしれません。

次々と開発されている太陽電池

現在の太陽電池は半導体に原子を不規則に、あるいは規則的に閉じ込めて光を当てる事で発電させています。
この仕組みは太陽光発電の基本ですが、今現在開発が進んでいる太陽電池は小さな半導体を沢山集めて、そこに太陽光を当てる事で発電させるというものです。
まだ製品化はされていないものですが、最高で75%をもの発電効率を得られるとされています。

この仕組は量子ドット太陽電池というもので、今後の主流となるかもしれない技術です。

増えていく変換効率

太陽電池の変換効率は2020年に30%、2030年には60%を目指した研究が進んでいます。
つまり、今後太陽光発電をめぐる環境、特に売電に関係する部分は大きく変化していく事になります。

売電価格は年々引き下げられていきますし、発電効率の高い太陽電池が実用化されれば、更に売電価格は引き下げられる事が予想されます。

電力の自由化も加わり、今後は「売電による利益を得る手段」ではなくなるかもしれません。
そして、売電利益は下がっていくか一定数の太陽光発電システムが普及した時点で、何らかの方針転換がある事も考えられます。
しかし、売電価格はその時に契約した価格を維持する事が基本なので、早く太陽光発電を導入しておくと、その時の売電価格のまま次世代の太陽電池を使用した発電が出来るようになります。

太陽光発電システムの導入を検討している場合「予想」ではありますが、今後の太陽電池の性能向上が起きた場合に、売電価格などの変動で導入費用の回収が難しくなる可能性もあります。
売電価格は毎年変更されるので、太陽光発電の導入を検討する場合は年単位での検討でも良いのですが、早めに決断をしないと売電利益を得られにくくなります。

太陽電池の変換効率が上がる事は喜ばし事ですが、乗り遅れてしまうとそれだけ旨味が少なくなってしまうのも事実です。
投資目的で太陽光発電を考えている場合は、出来るだけ早めに決断をしないとそれだけ損をする事になります。

もちろん、決断をした上で導入しないという選択も十分にありますが、導入する、しないの決断には出来るだけ情報を集めておくべきです。

見積りだけ取ってみるのも良い

太陽光発電の導入についての情報で重要になりやすいのは費用で、初期費用が少なくとも100万円単位で必要、さらに上を見ると400万円以上かかる事もあるため決して安いものではありません。
しかし、太陽光発電に興味があるのなら見積もりだけでも取って、価格や導入時に得られる売電利益を調べてみるのも決断の材料になります。

見積額や予想される発電量は業者によって変わるので、一括見積もりを利用して幾つかの業者から見積もりを取った方が楽で正確な情報を得られます。
見積もりだけなら無料なので、判断材料の1つとして活用してみてください。
太陽光発電業者が示す見積書という太陽光発電の情報を無料で手に入れられます。

業者によっても価格や提案、保証は異なる

太陽光発電業者は日本国内でも非常に多く存在しています。
太陽光のメーカーはある程度限られていますので、販売、施工業者は変わりないのか、と思う方もいるかもしれません。

しかしながら、業者を選ぶ際には十分に注意する必要があります。
業者によっても価格はもちろん、サービス、提案、保証なども違ってきます。

太陽光発電は売電によるメリットが大きいため、しっかりとしたシミュレーションもしてもらう必要があります。
そのため、親身になってくれる業者を選択しなければなりません。

稀に悪徳業者も存在して、大きな損をする必要がありますので、色々な業者の話を聞いて比較するというのが、トラブル防止の一番の近道と言えます。

訪問販売には注意

太陽光発電では訪問販売による取引も多く行われています。
トラブルの報告が多いのも訪問販売です。

訪問販売で全ての業者が悪いというわけではありません。
しかしながら、知識のない消費者に相場よりも高い価格などを取る悪徳な業者も存在するようです。

訪問販売での営業文句として多いのが下記の通りとなっています。

訪問販売での営業トーク

・価格の説明が曖昧(一式表示など)
・しつこい営業(居座り、当日契約など)
・クーリングオフの説明
・やたらと割引をする(モニター価格など)
・自社施工ではない(完全下請け、孫請け任せ)

上記のような例が挙げられます。
価格に関しては、営業マンを雇っている分高くなる可能性があります。
質が高い業者であれば、口コミや評判でも十分集客が出来ていると考えられます。
またしつこい営業がないというのは、余裕の表れにも繋がりますよね。
何個か思い当たる節がある方は、一度他の業者にも見積もり依頼をして比較をすると参考になると思います。

当サイトでは、全国の太陽光発電の口コミや評判を掲載しています。
見積もりなどを行った後、ある程度の業者の信頼度を高めるためにも、当サイトの口コミ・評判などを参考にしてください。

矢印

※一括見積もりにて複数業者の見積書と比べて平均価格を調べます。